時代を読まないとハラスメントになり合意を得られなくなります

ナンパをすると言う事は基本的に彼女がいない、結婚する相手がいないととられがちです。この切り口から入るとナンパってもてない男のすることじゃないの?と女性に受取られる可能性もあるのです。又彼女に飽きた、結婚しようと思っているがちょっと火遊びと言う人もいます。

しかし普通の男性ならナンパには興味がないとも思えますし、風俗に行く人もいる訳です。夜の楽しみだけでなく、昼でも誘う事があります。

私の妻も家の前でお茶に誘われて、上に主人がいますからと断ると何も言わずに黙って立ち去ったそうです。何か一言欲しかったですね。例えば良い奥さんをお持ちで羨ましいですね、とか言ってわかれるのならものの道理がわかっていると判断します。

全国的ナンパ調査みたいなものがあれば良いですがそれは実数を反映しておらず大丈夫かなと思います。また最近では貴方可愛いですねと言うだけでセクハラになりかねませんから本当に注意が必要なんです。

今現在の40代、50代のものの考え方や捉え方とは全く違って、本音は何考えているのか解らないと言うのが実際の所でしょう。企業にもハラスメント対策のマニュアルが80ページくらいに渡ってあるくらいですから。そういう時代の若い人はいったい何を欲するか、これが解ればナンパしやすくなります。

ただ単純にお茶にしましょう、ハイ次はホテルで脱ぎましょうでは全く面白くない訳です。この点を注意しながらでないと上手くナンパ出来ません。もちろん親切丁寧優しさがモットーで女性と話をする人もいます。

しかし最近の女性はそれも20代、30代は結婚しても離婚する人も多く仕事を持っていますのでおる程度食べていけるのです。私は知らない土地で、女性に目的地を聞いて反応を見ながらお礼にお茶でもどうですかと言ってみてOKならもっと楽しい事をするように誘うのです。

そしてお茶にして色々会話をしてそれから公園を探しベンチで座りながらキスをするのですが、上の口が良いのであればと言うようにします。これはたとえ結婚指輪をつけていても大丈夫です。その際に気をつけるところは合意の上でと言う所なんです。

そうでないと痴漢や強姦、婦女暴行と取られたら大変ですからちゃんとキスはした方が良いでしょう。そして晴れて出来ると言う事になるわけです。そこまで気にしなくても良いのではと思う人は自分なりのやり方でされたらよいと思います。

当然自己責任の範疇に入りますので責任は自分にあります。又前にも述べたように平成生まれの方々は考え方が全く違う時があります。ものは豊富にありますし個人の考え方も皆違います。何かあれば親が出てきてと言った風にもう昭和の人たちとは全く違いますから。

そんな中でナンパを楽しむとしたら唯一の価値基準はお金なのではないかと思います。昼食を誘いそれもステーキでランチで少なくとも2500円以上、別に喫茶店でケーキセットのような形で物事は進み、さて目的に達すると言う事になるのではないかと思います。

ある関係のある女性と喫茶店でお茶にしていて2000円でも3000円でも良いから貸してと言われた時はビックリしました。今月ピンチなのと言われてもこちらはどうする事もできないので、3000円渡してもう次の段階へは進みませんでした。又離婚して結局お金に困り風俗に勤めている女性もいます。

いずれにせよお金が必要なのでナンパを受け入れると言う人もいますので注意して下さい。別に悪気があってのことではなくとにかく生活しなくては駄目ですのでそうなるのだと思うのです。

ではお金がなくなったらどうしているかと言うと、同性の女友達の所に転がり込むと言う事になる場合もあり最終的に生活保護の対象になる場合もあります。それで何もせず駅のところでじっとたたずんで声をかけられるのを待つ人もいるのです。

さあ普通に生活していて仕事を持っていたり学生だったりするとどう言う攻め方が良いかです。これは道を歩いていたり駅で電車を待っていたりしてさりげなく又1人の時を待って声をかける事になります。どんな場合でも声をかけないと話が前に進みません。

考えてみて下さい。いきなり手を引っ張って連れて行こうとするとどうなるか?ここで話術の巧みな人は会話を想定して女性に声をかけます。パターンを10個作って話しかけてみても全く駄目な時もあります。ところが20万円のデザイナーブランドのスーツを着て話しかけるとヒットしました。

やはり衣食住で、女性は外見を大事にするのかもしれません。実際ボロボロのジーンズは流行にもなりますが、やはり身だしなみがキチッとしていると違うのかも知れませんね。もちろん20万円までは行かなくとも2万円のオーダーのジーンズは良いです。

それで身体にフィットしてちゃんとおば様とできました。基本的にカッコつけるのなら本当にお金をかけないと駄目かもしれません。又金をかけるのは嫌味で格好をつけたくないとなれば少なくともまともな服装をした方が良いですよ。靴も同じく気をつけることです。

ナンパするのに必要なのはある程度頑張って服装を整える、高めの食事を提供する、面白い話題で彼女の心を掴む、そしてお金と言う事になるのではないでしょうか。未婚の場合は、結婚もお互い視野に入れてと言う事になり、良い人に声をかけて生涯の伴侶を見つける格好をすると言う事ではないかと思います。

何人もの人の中で君が一番だ、だから声をかけたと言えばハラスメントの問題もクリア出来るのではないでしょうか。又既婚の奥様狙いは私はデパ地下なんです。それと百貨店です。そう言うようにして奥様はお金を持っているので百貨店でものを買うので少しゆとりのある人です。

こちらもそれなりにゆとりのあるように見せて声をかけてみましょう。話術は貴方次第ですので訓練するしかないと思います。

任意整理 体験談

借金をした後にどうするか?結果には原因がある。債務整理や自己破産など。毎日のようにお金の絡む問題も大阪、東京だけじゃなく全国で起きている。
キャッシングの制度ももう少し改善点があるのかとも言われている。体験談の中から見定めて欲しい。

ナンパと真剣な出会いの狭間のカップル

私と彼が出会ったのは、インターネットの中ででした。その当時私は、初めて得たツールであるツイッターに夢中で、その中で出会った絵を描く彼に一目ぼれをしました。

彼はいつも穏やかで優しく、そしてどことなく皮肉屋な一面を持っていました。そんな彼のことが、限りなく好きだったのだと思います。私は当時高校生で、彼は私の3つ年上の、もう大学生になった人でした。
彼に告白したのはいつだったか覚えていません。

ツイッターを通じて知り合った彼と私は、いつからかメールでのやり取りをするような仲になっていました。
高校の帰り道、まだ寒い冬の日に私は彼に告白をしました。彼は、人を好きにはなれない人だったけれど、私はそれでもいいと思っていました。いつか好きになってもらえたらと思っていました。
しかし私と彼は結局破局。その後も良い友人であることを誓いました。
そんな最中、大学に入学した私は恋人をつくり、それでも、彼のことを忘れられないでいました。

彼とはLINEで会話する仲で、時々遊びにいく程度の友人でしかありませんでしたが。
そんなある日。それは、春の暖かい日でした。

彼とLINEで会話をしていたときふと彼がいったのです。

「俺、お前と話してるのが一番楽しかった」

それは本当にやさしくて、柔らかいことばだと思いました。
私は叶わないことと知りながらも、まだ好きでいること、私も貴方と一緒にいるときが一番楽しかったことを告白しました。
「ねえ、また付き合わない」

その言葉をかけられたとき、天にも昇るような心地でした。

誰も好きになれないといっていた人に好かれるという行為は、ひどくうれしくて。泣き出してしまうほどでした。
泣きながらもう一度付き合いたいと送って、そして私は、彼の恋人になれました。

最初は私が好きだったのに、後は彼が好きになってくれました。誰も好きにならないといった人に好かれた、というそれが、ただ私の印象に残っていて、今でも胸が苦しくなります。

今友達の間で面白いと話題のサイトがこちら

ナンパをする人も、されたい人も特に大阪ならお勧めですね。

クラブ情報などもクチコミ形式で詳しく書いてくれているのが凄くありがたい。

昔に比べるとクラブのナンパって大人よりも大学生とかが増えた印象がある。アンモナもジラフも好きな人が行けばいいでしょ。

学生時代の充実しすぎた部活動!ナンパにも生かせる

ナンパの世界で生きていくためには学生時代に何をしたかも結構重要だったりしますね。

ナンパをする為にイケメンである必要なんてありません。一つどうしても必要な要素があります。

それは妥協をしない。諦めない心。どれだけ傷つかないで次に行けるか?はっきり言ってどれだけ優れた男性でもシカトされるときはされるんですって。
そこを享受できるかどうか?シンプルに考えて声をかけるって事自体最初は勇気がいるし、話がなんでもかんでもおもろい人なんていない。

やっていく中でのフィーリングで掴んでいくこと。10人いって、100人いって。別に話かけること自体悪いことじゃないって個人的には思っています。

自分の人生でインパクトが有り、楽しかったことと言って一番に思い浮かべるのはやは学生時代の部活動ですね。特に中学時代はかなりインパクトが有ったと思います。

中学時代、はじめに入っていたのは吹奏楽部でした。もともと楽器をやっていたこともあり、コンクールの成績は芳しくなかったけれど楽しく活動していました。

転機が訪れたのは二年生になった時のことです。音楽の授業が減るという話を聞き、楽器はともかく歌う機会が減ってしまうのは嫌だなと思い、合唱部との兼部をすることにしました。顧問の先生はどちらも同じ先生だったので快諾してくれましたね。

それからというものの合唱の才能があったのか、入部して一月もしないうちにコンクールにフル出場させてもらえることになりました。

そして3年生になった頃には受験勉強に部活にと充実していましたね。特に夏休みは夏期講習に行った後その足で部活両方の部活に顔を出したりしていました。

吹奏楽部は変わらずの成績でしたが、合唱部はなんと全国大会に出場することになったのです。創部して数年しか経っていない部活だったので初めての全国大会出場でした。

他にもレコーディングなども経験させてもらえましたし、かなりインパクトの有る学生時代だったなと思います。

素敵な外国人男性にナンパをされた女性の体験談

今までの人生で一番インパクトのあった事は外国人の彼氏と出会った事です。
普通にバスを待っていたら学校の春休みに一人旅行に来ていた彼に道を聞かれました。  
日本語はそれなりに話せたので会話はできるのですが、歩いて行けるのですが少し遠いので説明が難しく、そこまで歩いて一緒に行きました。
正直最初は外国人だしサングラスしてるし、なんか怖いなと思っていたのですが、話すと良い人そうでした。  

そして案内が終わりバイバイしようとしたら、LINEを教えて欲しいと言われました。最初は断りましたが、どうしてもと引き下がらなかったので教えました。
その後、彼の旅行が終わってから毎日のようにLINEと電話がくるようになりました。

話してるうちになんだか楽しくなってきて、2人で会う事にしました。
住んでる所が遠いので、お互いの真ん中ぐらいの所で会いました。

観光地だったので、外国人の人も多く2人で歩いていてもあまり違和感なく過ごせました。
会話はほとんど日本語ですが、たまに伝わらなくて、私は英語が話せないので困りました。ですが彼はどんどん日本語が上手くなりました。
そして毎日好きだ好きだと言われお付き合いする事になりました。
まさか私の人生で外国人とお付き合いするとは夢にも思っていませんでした。

ビンゴの思い出、男女でワイワイ

「ビンゴ」という単語を聞けば思い出す出来事があります。
それは何年か前の夏休みの最後の週末に家族であるイベントに出かけた時でした。
たくさん屋台が出ていて色々な味を楽しんだり、ステージ上では様々なプログラムが行われていれ
それを見学して楽しんでいました。

その中の一つに当時大人気だったゆるキャラのステージがあり、メインイベントがビンゴ大会でした。
ビンゴ商品はそのゆるキャラのグッズ詰め合わせでした。
子供達がそのゆるキャラを気に入っていたので家族4人、ビンゴ大会に参加することにしました。

ゆるキャラが人気だからか参加が無料だからかビンゴカードをもらうのにだいぶ並んで
ようやくカードをもらいビンゴが始まるのを待ちました。
会場はお客さんでいっぱい。300~400人程いたでしょうか。

そうしてビンゴ大会は始まりました。
グッズが欲しい我が子は真剣そのもの。
ステージ上で読み上げられる数字を聞いては一喜一憂していました。

この手のものに当たったことがない私はあまりに期待している我が子達が心配になり

「こんなにたくさんの人の中で早くビンゴにならないといけなくて

用意されている商品も少ないし難しいね」
と声をかけていました。

ところが兄のカードがあれよあれよと穴があきビンゴしたのです。
緊張しながらステージへと向かう兄。
ビンゴした驚きとこんなことは滅多にないからカメラにおさめなくっちゃという思いでバタバタ。
兄はニコニコしてグッズを手に席へ戻ってきました。

そうなると妹がすねてしまうのは目に見えていたのでなだめながらビンゴの続きをしていると

なんと妹までがビンゴ!ステージへ走って行きました。

あまりのことに唖然とする私達夫婦。
兄妹でビンゴして商品のグッズが入った大きな袋を持っているので私達家族は目立っていました。

大満足の私達でしたがその後あろうことかパパまでビンゴしたのです。

周りの視線を浴びながらステージへ向かうパパ。
大きな当選商品を3つもかかえ嬉しいようななんだか恥ずかしいような。
その日の我が家の運の良さは異常で忘れられない一日になりました。